エリンギ・エノキ・鳥取・北村きのこ園 公式ウェブサイト

文字サイズ
>
北村きのこ園とは

会社概要

 

弊社は、昭和四十年エノキ茸栽培を始め、大阪市場を中心に販売し、中国地方のエノキ茸生産者としては安定した生産量・棚持ち等の品質ともに高い評価をいただいてきました。ピーク時の平成十年には九百トン/年の生産量を誇るに至りました。  また、 平成九年にはエリンギィ茸と出会う機会があり、食べてみると歯切れバツグン。焼いてよし、揚げてよし、炒めてよし、和・洋・中華の食材としてキノコの主流になると確信し、栽培に着手することとなりました。今では生産の基盤をエリンギィにシフトして、エリンギィ五百トン/年、エノキ百トン/年を栽培し、東京を中心に販売しております。 業務用のエリンギィとしては、サイズ、包装形態、品揃えなどお客様のご要望にお応えさせていただき、喜んでいただいております。 「新鮮なものをより安く、タイムリーに安定供給」をモットーとしております。

もうすぐ50周年を迎えます。

 

 

北村きのこ園の茸づくり 

 

弊社の茸は、空調ビン栽培で生産しております。培地の組成ではエリンギィ・エノキとも、基材として約2年堆積した国産針葉樹のオガクズのみを使用し、栄養剤にはふすま(小麦の精麦時に出るかす・表皮)と、米糠だけを用いて栽培しております。(エノキは米糠のみ) これは、誠にシンプルな栽培方法ですが、業界でも”できそうでできない”希少価値のある、しかも安全な栽培方法です。さらに緑豊かな山間の新鮮な空気とその山でつくられる伏流水を利用しております。当社のエリンギイのほんのりとした甘い香りと、うまみ、エノキの太くてシャキシャキとした食感は、上記のどの要素がかけても出来ないと自負しております。

 

 

社 名 有限会社 北村きのこ園
所在地 〒680-0415 鳥取県八頭郡八頭町下野 794
[TEL] 0858-73-8314 [FAX] 0858-73-8315
 代表者 代表取締役社長 北村 大司
 事業内容 エリンギィ茸・エノキ茸の生産、加工、販売
 URL  http://www.kinoko.co.jp/

 

 

 

 

本社

〒680-0415 鳥取県八頭郡八頭町下野 794
[TEL] 0858-73-8314 [FAX] 0858-73-8315

アクセスは、鳥取自動車道(無料区間)経由「道の駅清流茶屋かわはら」より車で約15分。
(県道324号線を東方面へ、国道482号線・県道322号線を南方面)

 

 

 

 

 

新鮮なエリンギィをオンデマンドに!

 

わが社の経営理念は

 

感動していただける品質のよい「きのこ」を供給する。

新鮮・安心・安全な「きのこ」を必要な時に、必要な姿で、必要な量を供給していくことをモットーとする。

社員の満足度の追求と地域貢献の追求に努力する。

その目的を達成するために変化しながら永続できる企業となる。

 
 

有限会社 北村きのこ園

代表取締役社長    

北村 大司