エリンギ・エノキ・鳥取・北村きのこ園 公式ウェブサイト

文字サイズ
>
なんでエリンギィ?

なんで、エリンギィ?

 

この小さい「イ」はなあに?

 

 

エリンギ「イ」のひみつはこちら↓

 

 当社のエリンギィは平成9年から栽培試験を始めております。ホクト産業(平成14年9月1日社名変更でホクト)さんもその当時は生産はなく、平成11年に種を開発されて、世に出すようになったのだと記憶しております。平成9年当時エリンギィ生産では先駆的な機関であった「愛知林業試験場」の澤先生に指南しました。試験場の文献はもとより、当時の種苗メーカーもこぞって「エリンギィ」と呼称しておりました。学名は「Pleurotus eringyii」「プレロータス エリンジー」、スペルから見た韻から「エリンギィ」と表されていたんだと思います。その後ホクトさんの生産は日本市場の40%を超えるに至っていると思います。量に名前が席巻された?!。何故ちっちゃい「イ」をなくしてしまったんだろう?。私、北村もここに及んで頭をかしげております。何はともあれ、「イ」は我が社の「エリンギィ」というきのこに対する感謝の気持ちです。