本文へ移動

きのこ通信

きのこ通信

北村きのこ園オリジナルキャンペーン・木の子の日・まちゼミ開催決定

2021-10-07
北村きのこ園近くの果樹園

10月になりました。

早いもので今年もあと3ヶ月。

つい最近まで暑いと言っていたのに、1年の速さを痛感するばかりですね。

こんにちは、きのこ応援隊 隊長まえたです。


ただ今、北村きのこ園は1年の中で一番忙しい時期を迎えています。

例年9月頃から年末にかけお取引先様からのご注文数も増え、生産量を増やしご要望にお応えできるよう生産体制を整えています。

それもあり1年の速さを感じているのかもしれません。


秋は、夏場の天候(台風や猛暑、長雨など)によっては葉物野菜などの収穫量が減り、野菜が高騰することがあります。

スーパーで野菜をみても今年は雨の影響で価格が上がっているなぁと実感します。

エリンギィは温度・湿度管理をしながら室内で生産するので、天候に左右されることなく年間を通じて生産することができるのも一因かもしれません。


北村きのこ園 11/20まで大戸屋連動オリジナルキャンペーン

さて、北村きのこ園では独自でキャンペーンを開催します。

先月もブログ記事でご案内しましたが、9月より全国にある『大戸屋 ごはん処』さんで『そうだ!きのこを食べよう。』が期間限定で開催されています。

木の子を使ったメニューが3品。

その木の子の1つとして北村きのこ園のエリンギィが使われ提供されています。



期間限定メニュー3品

●5種の木の子と黒豆みその具だくさん贅沢豚汁定食

●木の子ごはんともろみチキンの炭火焼き定食

●木の子と海鮮あんかけ土鍋ごはん定食


期間は全国の『大戸屋 ごはん処』さんにて11月2日(火)まで。

(期間限定メニューの終了が変更になることもあるかもしれませんので事前にご確認ください。)


オリジナルのキャンペーンは『大戸屋 ごはん処』さんで『そうだ!きのこを食べよう。』の期間限定メニュー上記3品のうちいずれか1品を召し上がっていただき、食べる前の料理写真を携帯電話やスマートフォンなどで撮影し、北村きのこ園(八頭町下野)の店頭で提示をしていただくと、店頭商品の購入代金から10%OFFさせていただきます。


さらに、撮影した写真に#北村きのこ園 をつけてSNSに投稿してくださっている方には店頭商品の購入代金10%OFFに加え、更に素敵なプレゼントを店頭でお渡しします。


木の子メニューは全国の大戸屋さんで召し上がっていただくことができますが、

のオリジナルキャンペーンは北村きのこ園に来店いただける方が対象

になります。

ご了承くださいませ。


大戸屋さんのメニューは、化学調味料・合成着色料・保存料・合成香料は使用されておらず、無添加にこだわりながら大戸屋独自の基準で食材を選定されています。


きのこも『木の子』と表記し「木」にこだわりをもちながら食材が選定されたそうです。

北村きのこ園のエリンギィは生産する際、培地と呼ばれるベースとなる部分に「木のおが粉」を使用しており、その原材料・生産過程を含めて共鳴していただき、お取引いただきました。


見本:写真の撮り方
メニュー表:木の子を使ったメニュー3品
撮影例:木の子ごはんともろみチキンの炭火焼き定食
撮影例
北村きのこ園 大戸屋連動オリジナルキャンペーン詳細

<大戸屋 ごはん処>「そうだ!きのこを食べよう。」期間限定メニューを食べて写真を撮ろう。


期間限定メニュー3品

●5種の木の子と黒豆みその具だくさん贅沢豚汁定食

●木の子ごはんともろみチキンの炭火焼き定食

●木の子と海鮮あんかけ土鍋ごはん定食


食事前の料理を撮影し、北村きのこ園店頭で提示する

北村きのこ園の店頭商品 購入代金より10%OFF

写真をSNS(#北村きのこ園)へアップしてくださってる方には更にプレゼント

*北村きのこ園に来店できる方のみ対象

*料理写真は必ず。(料理と人物でも可)

*11/20(土)まで開催

*毎週日曜日・11/17(水)は定休日 


北村きのこ園のエリンギィと木の関係は???
おが粉は2年かけて原料にします

北村きのこ園のこだわりの一つ、原材料にあります。

コーンコブミール(とうもろこしの芯)などを使って栽培する生産者が多い中、山の間伐材杉のおが粉を使って北村きのこ園のエリンギィは生産されています。

杉のおが粉を使っているというところに木と深い関わりがあります。

このおが粉購入してすぐ使用せず、おが粉についている樹脂や不純物を取り除くため屋外で2年間寝かせておきます。

雨や雪などに打たれながらじっくり寝かせることにより余分なものが取り除かれていき、原材料に混ぜることによってエリンギィの美味しさに繋がっていきます。

 


北村きのこ園 毎月第三土曜日は「木の子の日」
例)9月の木の子の日 月毎に変わります

北村きのこ園では9月より独自に毎月第三土曜日を「木の子の日」に設定しました。

「木の子の日」に北村きのこ園へ来店していただいたお客様には、特典と素敵なプレゼントなどをご用意しています。


この「木の子の日」は、北村きのこ園が2020年に55周年を迎え、いくつかのプロジェクトチームに分かれながら、生産方法や業務改善、情報発信なども含めきのこを通じお客様の生活に貢献できることができないか意見を出し合ってきました。

現在も各プロジェクトチームが時間を見つけては業務の合間に取り組み続けています。


プロジェクトの一つとして、「木の子の日」を設定することに。

日頃より北村きのこ園のきのこを愛してくださっている皆様に何か還元できるようにと取り組んでいます。

10月は 10月16日土曜日 開催します。



もう一つ。皆さんはご存知でしょうか?

10月15日は日本特用林産振興会によってきのこの日が1995年に制定されました。

きのこに対する正しい知識や、食材としての素晴らしさを多くの方に知ってもらうのが目的で定められたものです。

この時期きのこ狩りなどへ出かけられる方もいらっしゃるでしょうから、正しくきのこのことを知っておくのも重要ですね。

ということで、

10月15日(金)きのこの日と10月16日(土)北村きのこ園木の子の日で両日開催

いたします。


月毎に特典が変わりますので、ぜひ近くなりましたら北村きのこ園のホームページやInstagram、Facebookなどをご覧いただき、ご来店くださいませ。

毎月第3土曜日の木の子の日は継続していきます。


11月1日〜八頭まちゼミ開催
持ち帰りの「そだててみま専科」
昨年も大好評でしたまちゼミが、11月1日から11月30日の期間中八頭町内で開催されます。

『まちゼミ』はその町のお店の人が講師となって、専門店ならではの専門的な知識や情報、コツをお客様にお伝えするミニ講座です。

八頭町での開催は昨年に続き3回目。

北村きのこ園も参加します。


昨年同様、北村きのこ園の工場見学とエリンギィを自宅で育てる『そだててみま専科』をプラスし、エリンギィやエノキに関する情報をお伝えしていきます。

昨年もお問い合わせたくさんいただき、満席となりました。

今回も定員になり次第受付終了とさせていただきます。

ご了承ください。


・11月  5日(金)14:00~15:00

・11月12日(金)14:00~15:00

・11月26日(金)14:00~15:00


会場:八頭町下野794 北村きのこ園にて

定員:8名さま

材料費:500円(そだててみま専科栽培瓶)

*感染対策としてマスクのご着用お願いいたします。

問い合わせ先:0858-73-8314


2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休業日
  • 【木の子の日】きのこの日
有限会社北村きのこ園
〒680-0415
鳥取県八頭郡八頭町下野794
TEL.0858-73-8314
FAX.0858-73-8315
1.エリンギィ茸・エノキ茸の生産、加工、販売
TOPへ戻る